禁煙治療

タバコにはニコチンをはじめとして約4000種類以上の物質が含まれており、このうち有害物質とされている成分は200種類にも及びます。喫煙は心筋梗塞や脳卒中をはじめとする循環器疾患、さらには呼吸器疾患や癌などの多くの疾患に対する重大な危険因子の一つです。禁煙外来では現在の依存の程度を評価し、薬によってニコチン低下による症状の緩和を行いながら、禁煙を進めていきます。

▲このページの一番上へ