睡眠障害

なかなか寝つけない、熟睡できないといった不眠の症状が続く場合は、専門の医師の診察を受けることが大切です。睡眠の異常には以下の3つに大別できます。

1. 睡眠の質・量に問題がある なかなか寝付けない、途中で何度も目がさめる、いくら寝ても昼間眠いなど。

2. 睡眠の時間帯に問題がある(ずれてしまう)
  夜の寝付きと朝の起床の時刻が社会生活上望ましい時間から逸脱してしまう状態です。

3. 睡眠中の異常現象
  睡眠中のいびきや呼吸停止、ねぼけ、寝言などの異常行動、足のピクつきとむずむず感に伴う異常運動など。

当クリニックでは、睡眠時無呼吸症候群を含めた睡眠障害の治療に対応いたします。

▲このページの一番上へ